九州地区劇団占領期GHQ検閲台本(ダイザー・コレクション)

検索画面へ

[資料概要]

米国ミシガン大学から1985年頃に演劇博物館へ移管された、総数約8,300点にのぼる九州地区劇団の占領期「検閲台本」。第二次大戦後の占領期におけるGHQによる検閲台本で、当時福岡市内にあった第三地区民間検閲局(CCDIII)に保管されていた検閲用台本の副本が、CCDの閉鎖後ウィリアム・ダイザー少尉の指示により米国本土へ持ち運ばれミシガン大学へ移送されたもの。CCDIIIは九州だけでなく中国地方も管轄エリアとしており、該当する地域の地方劇団、職場劇団などの上演台本がまとまった形で残存することになった。一冊数葉から数十葉の罫紙にカーボン複写でごく一部毛筆書のものもあり、表紙に厚紙をつけ紐で簡単に綴じられている。ジャンルとしては地方劇団特有の股旅物などの大衆演劇や、職場演劇、組合演劇のほか、新劇、新派、歌舞伎、文楽、舞踏劇などがある。また口承で受け継がれるためほとんど残っていないとされる即興の笑劇「にわか」の台本も多数ある。
 
左写真=馬子唄(笑福劇団・大牟田市)に挟まれていた写真。裏書に「熊本県天草郡登立町」とある。天草巡業時、観客との記念写真か。右写真=台本表紙に題目、劇団名、申請者名などが書かれている。

 
[凡例]
・下記項目について原則として台本表紙から情報を採った
・明らかに他者の作と同一、あるいは翻案と思しき台本についても、作者名は表紙の記載通りとした
・検索項目:請求記号/県・市群/外題/作者・脚色/劇団・演者/申請者/許可・不許可/時代種別/ジャンル/内容/申請年月日/資料備考
・外題、劇団・演者、申請者はよみ(ひらがな)でも検索できる
・検索結果は、上記項目のほかに当該台本の表紙画像が表示される
・当面、データベースから出力した冊子目録(請求記号順・地域別排列)も利用できる
 
[原資料の閲覧]
*調査にあたってはまず本データベースを利用して下さい。
*資料現物の閲覧は事前申込制です。
所蔵資料閲覧申込書
閲覧方法
1.公開データベース上で検索するか、和書カウンター前の冊子目録で閲覧希望資料と請求番号を特定して下さい。
2.和書カウンターの資料閲覧申込書に必要事項を記入して閲覧を申し込んで下さい。
3.1回(1日)に10件を限度とします。10件を超える点数をご希望される場合は事前にご相談下さい。
4.閲覧は翌開館日とします。ただし土曜開館日に申込んだ場合は翌月曜日以降の最初の開館日となります。資料の状態によっては、閲覧できない場合もあります。
5.特別閲覧室で閲覧し、筆記用具は鉛筆のみとします。
6.館外貸出はできません。
7.セルフコピーは禁止とします。(資料保全のため)
 
[責任表示]
早稲田大学演劇博物館
21世紀COE事業<演劇の総合的研究と演劇学の確立>/アーカイブ構築研究(演劇)コース/検閲台本デジタル化プロジェクト
 
[協力者]
棚町 知彌 氏(COE研究協力者・国文学研究資料館名誉教授)
宮田 繁幸 氏(東京文化財研究所)
ジェームス・ブランドン 氏 (ハワイ大学演劇学部教授)
 
[研究会記録]
(作成中)
 
[参考資料]
(作成中)
 
※本公開データベースは文部科学省拠点形成費補助金(21世紀COEプログラム)の助成を受けて作成されました。


更新情報
2009.11.05 検索の不具合を修正しました
2007.09.27- 正式公開
2005.11.09-2007.09.27 試験公開

Copyright (C) 2001- The Tsubouchi Memorial Theatre Museum of Waseda University, All Rights Reserved.
このページの最初の公開:2005/11/09 作成者:ymmt
このページの最近の改訂:2013/06/19 改訂者:tsuchiya