現代能狂言上演記録データベース(資料閲覧及び複写不可)

検索画面へ

データベース概要
このデータベースは演劇博物館が蒐集整理した能・狂言の上演資料(大正期以降のちらし・プログラムなど)を元に演劇情報係がデータ入力したものです。
データ内容については入力漏れ・間違いの可能性があります。随時修正・更新しておりますのでご了承下さい。
なお、基礎とした上演資料については、現在のところ閲覧を受け付けておりません。
 
凡例
○原則として1演目について1データを基本とする。

○各データは以下の細目:内容で入力した。

 ・上演IDNo. :[上演主体IDNo.]-[種別番号]-[上演年]-[小番号]-[公演内小番号]
 ・上演主体IDNo. :上演を主宰する団体(上演主体)のIDナンバー。
 ・種別番号:各々のデータの所属するデータベースを識別する番号で、本データベースは全て「40」とする。
 ・上演年:上演年を西暦で示す。
 ・小番号:その年に上演された公演が2つ以上ある場合、入力順に二桁の番号を付す。
 ・上演主体名:上演を主宰する団体の名称。
 ・公演内小番号:一公演に複数の演目が存在する場合、上演順に二桁の数字で示す。
 ・演目:能・狂言等の演目名。
 ・小書:小書が付いている場合、小書の名称。
 ・公演日:上演の日付を四桁の数字で示す。例:一月一日→0101
 ・場所:公演が行われた場所。
 ・シテ:能・狂言の各演目のシテ役者の名前。
 ・ワキ:各演目のワキ役者の名前。
 ・ワキツレ:各演目のワキツレ役者の名前。
 ・ツレ:各演目のツレ役者の名前。
 ・アイ:各演目のアイ役者の名前。
 ・子方:各演目の子方役者の名前。
 ・アド:各演目のアド役者の名前。
 ・小アド:各演目の小アド役者の名前。
 ・笛:各演目の笛役者の名前。
 ・小鼓:各演目の小鼓役者の名前。
 ・大鼓:各演目の大鼓役者の名前。
 ・太鼓:各演目の太鼓役者の名前。
 ・作者:各演目の作者名。
 ・流派:シテ役者の流儀。能は「観世・宝生・金剛・金春・喜多」、狂言は「和泉・大蔵」のいずれか。
 ・能/狂言:その演目が能・狂言のどちらであるかを示す。その他の形式(舞囃子・素囃子・一調・独吟)などは「その他」とする。
 ・備考:その他の形式である場合、その形式名(舞囃子・素囃子・一調・独吟)。上記の項目に該当しない情報。
 ・ちらし/番組/プログラム/文書/チケット/ポスター/写真:データの元になった資料の別。元とした資料に*、または演劇博物館での配架番号を示す。
 ・資料備考:資料に関する備考。


更新情報
2011.01.14 データ更新 (+ 487 件)
2010.07.15 データ更新 (+ 492 件)
2009.12.10 データ更新 (+ 153 件)
2009.11.05 データ更新 (+ 77 件)
2009.08.20 正式公開開始
2009.08.06 データ更新 (+ 93 件)
2009.07.09 上演IDNo.項目追加
2009.06.04 データ更新 (- 37 件(データ調整のため))
2009.05.14 データ更新 (+ 9,220 件)
2008.07.16 試験公開開始

Copyright (C) 2001- The Tsubouchi Memorial Theatre Museum of Waseda University, All Rights Reserved.
このページの最初の公開:2008/07/16 作成者:ymmt
このページの最近の改訂:2011/01/14 改訂者:ymmt