演劇博物館浮世絵閲覧システム 利用にあたって

[ はじめに ]
 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館(以下、演劇博物館)には、その創設者である坪内逍遥旧蔵品をもとに収集した4万7千枚に及ぶ浮世絵が所蔵されている。これらの浮世絵は、役者や劇場など、歌舞伎を題材にしたいわゆる「役者絵」がそのほとんどを占め、このジャンルでは世界一の収蔵量を誇る。
 このシステムは、演劇博物館所蔵浮世絵の全資料について、デジタル画像と書誌データ(年代考証・解説等)を併せ、検索・閲覧を可能にしたものである。
 書誌データの考証は、演劇博物館の研究プロジェクトの一つである役者絵研究会が担当し、歌舞伎上演資料(番付、正本、台帳、評判記など)とも細かく比較検討して、学術的により正確な情報提供を目指している。ただし、考証作業は、途上の段階にあり、書誌データはいまだ完全なものではない。考証結果の利用にあたっては自身の責任において検証の上、活用されたい。
[ システムの名称 ]
演劇博物館浮世絵閲覧システム
[ 利用者の範囲 ]
一般
[ 責任表示 ]
[ 利用許諾条件・免責(利用前に必ずお読みください) ]
  • 検索機能は営利目的を除き誰でも自由に利用できる。ただし、画像データ、文字データなどすべてのコンテンツの複製、転載、転送、再配布、改変を無断で行なうことを禁止する。コンテンツを個人・研究用以外の目的で利用する場合は、別途利用規程があるので、演劇博物館まで問い合わせること。
  • 本システムから得られる考証結果等のデータは、著作権のあるコンテンツである。このシステムを利用した研究成果物には、常識的なモラルに従って、本システムを典拠として明記することとする。
  • 検索結果および記述の信頼性・正確性については利用者の認識によるものとし、演劇博物館、早稲田大学、および役者絵研究会は保証の義務を負わない。また、検索機能・検索結果を利用したことによって生じるいかなる損害についても、早稲田大学、演劇博物館、および役者絵研究会はその責を負わない。
[ 原資料の閲覧 ]
  このシステムで閲覧できるデジタル画像資料は、すべて演劇博物館所蔵品である。 資料保存のため、原資料の閲覧サービスは行なっていない。
[ 機能概要 ]
  • 検索結果の一覧表示には縮小画像一覧、文字のみの簡易情報一覧、縮小画像+簡易情報一覧の3通りの表示方法があり、検索結果の表示後からでも、切り替えられる。
  • 縮小画像(または資料番号)をクリックすることにより、各々の作品の拡大画像と詳細情報を参照することができる。
  • 検索結果の各項目から語句をクリックすることにより、再検索することができる。また、検索絞り込み・再整列も可能となっている。
  • 異版や組物、続き物がある場合は、それらの画像を並べて見ることができる。

Copyright (C) 2001- The Tsubouchi Memorial Theatre Museum of Waseda University, All Rights Reserved.